親への復讐 その② 無意識編 ~波動調整®を伝えたい理由~

こんにちは!
波動調整®初級インストラクターの柿谷佳奈です。

親への復讐 その① 顕在意識編
の続きです。

様々なセラピーに触れていく中で、自分を大切にしようと思い始め、
親への復讐を顕在意識的にはやめました。

でも、無意識レベルで親への復讐を手放してなかったんです。

それを気づかせてくれたのが波動調整®でした。

カラーやヒーリングなどのさまざまなセラピーに触れる中で、
少しずつ自分を癒していた当時、
私は某幼児教室の講師をしていました。

母親との関係に悩む中で、

“一般的な親子関係って?”

という疑問を持っていたことと、
音大に行ったことが多少は役に立つので、
親に対して説明できるという理由からこの職を選びました。

自分を大切にしようと思っても、
無意識レベルで親への復讐を手放してなかった私は

“この子は母親がこうだからかわいそう”
“この子がこうなのは母親がこうだからだ”

という親子ばかりが目につきました。

そりゃそうですよね。

世界は自分の意識の投影なのだから。

自分の無意識の想いには気づかずに、

“子供を救うためには母親を変えることが必要だ!
 そのためにチャイルドセラピストになって子供を救おう!”

と思い、チャイルドセラピストのスクールへ通い始めました。

波動調整®に出逢ったのは、スクールに通い始めて約半年経った頃でした。

波動調整®講座は波動調整®のやり方を学びますが、
在り方としての意識の使い方や観念についてなども学びます。

なので、今まで見えてなかった世界が見えてくるんです。

講座の回を重ねるごとに意識が広がり、
ある日の講座を受講中に、

“私はチャイルドセラピストになりたかったわけじゃない。
 正しい、責められない立場から、親を責めたかったんだ”

という自分に対して今まで上手く隠していた想いに気づきました。

そんな自分がいることにビックリしたし、
初めはショックでした。

子供は本当に可愛いし大好きです。

でもチャイルドセラピストになって子供を救おうという動機が
そこからきていたなんて。

それに気づいた私はチャイルドセラピストになることは
どうでもよくなりました。

あのまま、チャイルドセラピストになる道を選び、
無意識とはいえ、親を責め続ける道を選んでいたらと思うと
ゾッとします。

そもそも“救おう”という感覚も傲慢ですね。

それも波動調整®を学ぶ中で気づいた事です。

世間一般的に良いとされることに縛られていたり、
私のようにやりたいと思っていることが、
実は純粋になりたい想いからではなく、
何かの満たされなさに囚われているものだったり。

そういう人に本来の素晴らしい自分が
本当に求める道へ進むきっかけになればという想いで
波動調整®をお伝えしています。

1人でも多くの人が自分らしく生きて、
それが当たり前の世の中にする。

それが私のミッションです。

波動調整®はそのための最適なツールだと思います。

自分らしく生きるための一歩を踏み出してみませんか?

★8月28日(木)たった1日で波動調整の基本ができる!

※関東は2名~、それ以外は4名~全国出張致します。詳細はこちら

~本質の自分に繋がるヒーリング整体~

波動調整Ⓡ協会のブログ
も更新してます!!

★9月13日(土)まずは体験!

波動調整Ⓡ体験会

★波動調整ⓇQRセッション[対面・遠隔]9月3日(水)
※ご希望も承りますのでお問い合わせください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です