瞑想と波動調整®の前提

 

いつもお世話になっております。

 

まなお でございます。

 

 

この考察シリーズでは波動調整®について

さまざまな角度から考察しています。

 

 

それでは今日もリアルなところを語って行きたいと思います。


 

なんともつかみどころのない

まるで雲のような波動調整®

 

 

僕個人として最も近い感覚のものは

 

”瞑想”なのではないかとも感じます。

 

でも最近では

 

その“瞑想”というもの自体が

多種多様に溢れて玉石混交

 

本来の目的を外れてしまっている

 

そんな風にも見受けられます。

 

波動調整®を、かつて習った人間で

波動調整®の 名前を使っていても

波動調整®に なっていない人もいます。

 

本来の目的を違えてしまっているのです。

 

 

表面的な“やり方”だけを追求されたものや

現世利益能力開発など誤った動機のもの

 

“瞑想”もまた”迷走”の入口になりつつある

 

 

前回までの“量子論”シリーズに続きまして

今日からしばらくは“瞑想”という切り口から

“波動調整®”について考察をしていきたいとおもいます。

 

 

以前、僕が瞑想について指導を受けたとき

 

一番最初に言われて最も印象に残った言葉があります。

 

“瞑想”とは“する”ものではなくて

“瞑想”とは“なる”ものである。

 

 

つまり

 

何かの目的をもって

何かの手段として

何かを”する”ことではなくて

 

 

ただ”瞑想”の状態であること

 

 

日常を“瞑想”的に過ごすこと

 

 

つまりは、常に気づきをもって

日常の振る舞いに意識的になること

 

 

“瞑想をする”ではなくて

 

“瞑想になる”ということです。

 

 

 

“瞑想”が”する”ではなく”なる”ことなのと同様に

 

“波動調整®”というものもまた

 

何かを“する”ことではなくて、どう“在る”

 

 

これはほぼ同義であり、

 

施術が目的ではなくて

日常の中での”在り方”を通して

自分に気づきを得ていくこと。

 

波動調整®は日常の在り方に気づくためのもの

 

 

“瞑想”  ≒ ”波動調整®”

 

本来的な目的は近いものなはずですが、

そこには大きな違いがあるのも事実です。

 

そこについては次回以降の考察シリーズの中で

お話をして参りたいと思います。

 

まず初回の今日は

 

“瞑想”も”波動調整”でも

何かを”する”ものではなくて

どう”在る”かということ

 

この前提を踏まえた上で話を進めて参ります。

 

 

また次回以降も【まなおが語る波動調整®のリアル】をお楽しみに

 

今日も長文を最後までお読みいただきありがとうございました。