ヒーリングと場における意識の共同創造

 

いつもお世話になっております。

 

まなお でございます。

 

この考察シリーズは波動調整®に興味を持って頂いた

本当に熱心な読者の方ばかりで嬉しい限りです。

 

さて、それでは今日も波動調整®についての

リアルなところを語って行きたいと思います。

前回までのおさらい

 

前回はヒーリングという具体例を出して

『意図』・『手段』というものについて考察を深めました。

(前回記事はコチラ:ヒーリングツール
結果として起こることや効果の違いというのは
何かを”する”・”される”以前の部分だということです。

 

”ツール”というもの自体にはいつでも力はなくて

“ツール”に必要以上に力を持たせる人がいるだけ。

 

どんな手技療法を行うにあたっても

 

この世界という『場』において

本当の意味で自分たちが何を”している”のか

 

それを知ることがとても大切です。

 

今日はさらにこの考察を深めていきたいと思います。

 

今日の本題

別にどのツールを選んだところ変わりがない
ならば、何が結果を左右しているのか???

 

“する””される”という『手段』=”DO”の部分以前に
結果を決めている”BE”の部分があるということです。

 

しかもそれは

 

施術者の側だけのものではなく

受け手の側のものも影響しますし、

 

施術者・受け手だけではなく

その瞬間における『場』も影響します。

 

それらは常に双方向に影響し合っています。

 

 

いつでも世界は『共同創造』ということです。

 

自分たちがいるこの世界(量子の場)では

常に影響し合っている『共振』が起きており、

それによって目の前の現実が現れています。

 

 

『共振』というのは

何かを”する”以前の問題です。

 

その場における

施術者の『意識』=『バイブレーション』と

受け手の『意識』=『バイブレーション』が

どう“在った”かによって決まるということです。

 

波動調整®とは具体的な意識の扱い方です。

 

“している”ことを止めて
その場にただ”在る”こと

 

その場における共振によって

起こるべくして起こることを

ただ許すというだけのこと

 

 

『意識』=『存在』同士の共振

 

このヒーリングという場における基本原理

 

(というか現象のすべてがそれですが・・・)

 

 

これに対して多くの場合、

共振で起こること以上の

余計なことが盛られます。

 

 

施術者の側からも

受け手の側からも

 

本来起こるべき必要なこと以上に

様々なものを乗せられてしまっている。

 

それについてはまた次回のお話としたいと思います。

 

(すでに勘の鋭い読者のみなさまはお気づきかと思いますが)

さて、今日は『意図』について深めていくためのお話から

ヒーリングという具体例の中で考察を深めてみました。

 

また次回も違った角度からお話を深めていきたいと思います。

 

今日も長文を最後までお読みいただきありがとうございました。