対等な主体と客体の世界

 

いつもお世話になっております。

 

まなお でございます。

 

この考察シリーズは波動調整®に興味を持って頂いた

本当に熱心な読者の方ばかりで嬉しい限りです。

 

さて、それでは今日も波動調整®についての

リアルなところを語って行きたいと思います。

前回はヒーリングという具体例を出しながら

意識による現実の『共同創造』というお話をしました。

 

(前回記事はコチラ:ヒーリングと場における意識の共同創造

 

 

“する””される”という『手段』=”DO”の部分以前に
結果を決めている”BE”の部分があるということです。

 

 

 

主体(施術者)の『意識』=『バイブレーション』

客体(受け手)の『意識』=『バイブレーション』

 

それらが一方方向ではなく

常に双方向に影響し合っています。

 

 

いつでも世界は『共同創造』です。

 

 

主体のみで現実が創造されることは有り得ません。

 

仮に1人で世界が望むままに創り出せると感じているなら

それは完全にマトリックス(妄想世界)と言えるでしょう。

 

 

主体が一方的に客体に働きかけて変えていくこと

主体が一方的に外側に作用して変化させていくこと

 

それはつまりコントロール(支配)というものです。

 

それは自然の姿といえるものではありません。

 

また逆を言えば

 

客体として一方的に主体に支配されることはありません。

客体として一方的に外側から何かを受けるというのもありません。

 

 

主体・客体は常に『対等』であり

50:50の関係性にあります。

 

主体が客体に働きかけていると同時に

それは客体から主体に働きかけてもいる

 

世界は常に双方向であり同時同量なもの

 

その世界の中で

作為的な『意図』を持って

相手に働きかけて変化させて

コントロールできているというのは

完全なる思い込みの自己満足なのです。

 

なにかのツール・行為を通して

人を“治す”/”癒す”/”良くする”が出来る

というのは主体側の勘違いだということです。

 

ヒーリングという名の妄想

 

そうした自分がひとりでに造り出しているという

その勘違いの世界=マトリックスを脱していって

そして常に双方向に影響し合っている世界
主体・客体が対等で同時同量である世界
つまり
主体が客体であり客体が主体でもある世界
自己と自他の境が溶け合っている世界
それらを実際に体感していくのが
波動調整®という具体的な意識
=バイブレーションの扱い方なのです。

さて、今日はヒーリングという具体例の考察を深めるために

対等である主体・客体についての話をしてまいりました。

 

また次回も違った角度からお話を深めていきたいと思います。

今日も長文を最後までお読みいただきありがとうございました。