量子論と引き寄せと思い込み

 

いつもお世話になっております。

 

まなお でございます。

 

この考察シリーズは波動調整®に興味を持って頂いた

本当に熱心な読者の方ばかりで嬉しい限りです。

 

さて、それでは今日も波動調整®についての

リアルなところを語って行きたいと思います。

前回までのおさらい

前回はヒーリングという具体例を使って

『意図』『思考』というものの考察を深めてまいりました。

 

(前回記事はこちら:量子論的なヒーリングとは

 

そして前回は量子の場におけるヒーリングということで

非局在性=ノンローカリティについての話をしました。

 

まぁ、いろいろと話をしてまいりましたが、

 

どんなジャンルのヒーリングメソッドであろうが

どの媒体に『意図』を入れるかの違いでしかない

 

 

意図の入るヒーリングメソッド思い込みの産物

偽薬効果(プラセボ)的なものでしかない

 

そういった話をしてまいりました。

 

今日の本題

 

”ツール”というもの自体にはいつでも力はなくて

“ツール”に必要以上に力を持たせる人がいるだけであり、

 

 

施術者と受け手の双方向の『造物』(依存度)が

強まれば強まるほどに効果が上がって行く性質のもの

 

なのですが、

 

いまだにそこに縛られ続ける人はいるようです。

 

この“ヒーリング”というものでしてきた考察は

“引き寄せ”というワードにも応用ができます。

 

 

「千年ノート」で有名な

風水冒険家の岡西道明さんの言う

『S.O.S理論』というのがありますが、

 

S   O   S

そう 思ったら そうなる

 

要約してしまえばすべてがこれと同じ精神。

 

<そう 思ったら そうなる>

 

いかに思い込みを強めるか

=マトリックス(妄想世界)を深めるか

 

いかに顕在意識に刷り込ませるか(洗脳)

 

“量子論で引き寄せ”という類の話も基本は全てコレ

 

“未来もすべてが無限の可能性の領域なのだから、

いま決断して望んでおけばその通りに創られるはず”

 

といって、別ベクトルの刷り込みに行くのは何故??

 

 

※ネガティブな観念・ブレーキをクリアリングしよう系も

結局はオーダーを通したい側なので同じロジックです。

 

※ポジティブな状態に波動を上げなさい系も同様です。

 

 

“引き寄せ”もまたプラシーボ

 

というか”自己満足”

というか”自我満足”

 

 

『思考』の回でもお話しましたが

特別それは量子論で語られる話でもない、

 

 

3次元世界のキャラクターにとっては

“『意図』することすら『DO』”です。

 

本当に体験したい現実を生み出すのは

波動=意識=BE の部分のお話です。

 

というよりもキャラクターの次元ではなく

クリエイターの次元での純粋な『意図』です。

 

(もちろん造物も与えられた役割ですからしたいだけすればいいのですが・・・)

 

残念ながら、”波動関数”というのも

現象化する場における確率を示すものに過ぎず

その記述が及ばない範囲の方が宇宙の9割以上。

 

 

 

以前に観測者のところでお話した通り

 

本当の意味の『意図』の起こる【最終観測者】のいる領域は
波動関数で記述される量子物理の外側の世界ですから
この次元を体験している小さな自我のレベルで
治すこと・引き寄せることは宇宙レベルではどうでもよいこと
むしろ、その症状の体験を通して
その望まない現実の体験を通して
魂レベルでの学びを望んではいないだろうか?
波動調整®で目を向けていきたいところはそこです。
引き寄せを狙う意味ってなんだ???
本当の意味での観照者=最終観測者である
クリエイター=(霊・モナド)の望みからしたら
すでに私たちの今は創造されている時点で
引き寄せたいことを常に引き寄せて体験できている
(だからこそ、サレンダーせざるを得ない)
目の前の現実を変えたいという想いは
どこから来ているものなのだろうか?
引き寄せようと思って引き寄せるものは
果たして本当に必要なものなのだろうか?
波動調整®というのは
クリエイターからのオーダーを受け取れる状態に自分を整えること
本当の意味での『主体』はクリエイターとしての私です。
一般的に量子の場に働きかけるとされるヒーリング・引き寄せ
キャラクターの側から創造主(クリエイター)の側にオーダーすること
向かっているベクトルが真逆です。
『求めよ さらば与えられん』と聖書の1節を乱発して
宇宙は無限に与えてくれるから好きにお願いしまくれば良いんだ
そう言って観念世界=(マトリックス)に取り込まれていく
言ってみれば意識退化(分離を極める)のベクトルに向かっていく
そこをもう卒業して良いのではないでしょうか?
(もちろんやりたきゃやりきったらいいのだが・・・)
物質世界の中で『造物主』としてではなく
『創造主』という自分の本質に従っていく
すべてを与えてもらおうという餓鬼畜生の根性に気づき
すべてをちょうど良く与えられている事実に気づいていき
その中で体験し葛藤し受容し統合して意識を進化させていく
“分離から統合へ”、そんなステージに
人類全体が移行してきているのではないか?
波動調整®とはそうした探求を深めていくことです。
この考察の最初の頃にお話しました。

前提① ヒーリングや波動を調整することが目的ではない。

波動調整®の目的は『”意識進化”(統合)のため』

 

前提② 外側(人や物)に対して働きかけていくものではない。

⇒自分自身の『在り方』をただ観て・受け入れていくもの

 

前提③ 3次元的な成功・ポジティブな方向を目指すものではない。

本当の自分の望みをただ体験していくためのもの

 

・癒すとか治すとかいうエゴを満たす(隠す)ところを抜けていくこと

・量子の場でエゴのレベルから働きかけていることを極力止めていくこと

・低位による望みを叶えるのではなく高位我の望みを受け入れていくこと
つまりは、
いつでもちょうど良く引き寄っている目の前の現実を生きる
(引き寄っているという感覚もキャラクターの時間間隔に過ぎないですが・・・)
つまり、日常を謙虚に丁寧に意識的に過ごしていくこと

 

それが波動調整®というものの実践なのです。

 

 

 

さて今日は引き寄せというものから

波動調整®の意義について考察をしてまいりました。

 

また次回も違った角度からお話を深めていきたいと思います。

今日も長文を最後までお読みいただきありがとうございました。