手放そう、手を開こうとしていませんか?

こんばんは!

波動調整(R)インストラクター石川 佳奈です。

 

きのうは波動調整Ⓡ本講座3日間の最終日、

「無敵の世界」開催しました。

 

色々な身体を通したワークをしましたが、

その中に『手放すワーク』というのがあります。

 

『手放す』と聞いて

どんなイメージがありますか?

 

握っていた手を開く

 

そんなイメージの人が多いのではないでしょうか。

 

しかし、波動調整Ⓡ的には

握っていた手を開くのは、

手放すとはいいません。

 

では、手放すとはどういうことなのか?

 

握っている手を開くのではなく、

握っていることをやめることです。

 

一見同じように思うかもしれませんが、

似て非なるものです。

 

手放そうとしている人は

握っている手を開こうとしている状態です。

 

何らかの理由で、

手放した方がいいとか、

手放さなければならないとか、

握っているモノを手から離そうとしている状態。

 

それは握っているモノを

自分から遠ざけたいと囚われている状態です。

 

以前にも書きましたが、

本当の意味で手放すというのは、

囚われなくなることであり、

つまりは握っても握っていなくてもどちらでもいいという状態が、

手放している状態です。

 

握っているモノを自分から遠ざけたいというのは、

結局囚われているので、

本当の意味では手放せていないのです。

 

握っていることをやめる

 

結果、握っているモノが離れる

 

そして握っていても、握っていなくても

どちらでもいいと選べる状態、

 

それが本当の意味での手放すです。

 

“手放す”というより“手放れる”

という言い方の方が

ニュアンス的には正確なのかなと思います。

 

微妙な違いであり、

とても繊細で地味ですが、

手放すに限らず、日常の所作全てに

自分の意識状態が現れています。

 

地味だけど、

本当の自分に気づく、意識的に在る為には、

とても大切です。

 

手放す時、今、自分はどちらの手放すなのだろうか?

と観察してみてください。

 

もしかしたら、

更に別の気づきがあるかもしれません。

 

 

▼ 新着イベントのご案内

——————————————————————–

来月5月6日(月)は立夏。

 

季節の変わり目恒例、

無料一斉遠隔波動調整Ⓡを開催します!

 

★ 5/6(木)【無料】立夏一斉遠隔波動調整®

 ⇒ https://www.reservestock.jp/events/341295

 

どなたでも、どこにいてもご参加いただけます。

シェア・拡散も大歓迎!

 

ご自身の削ぎ落としにご活用ください☆

 

 

▼ トキハナツ情報!?
——————————————————————–

母の日ギフト好評受付中☆

 

前回は貫頭衣をご紹介しましたが、

二枚袴もオススメです♪

二枚袴は名前の通り、

二枚の袴を前からと後ろから、

それぞれ巻き付けて着用します。

 

紐で結ぶのがポイント。

 

完成形は写真のような巻きスカートみたいな感じです。

 

2枚同色でも可愛いし、

写真のように別の色でもおしゃれ☆

 

コットンリネンなので

さらっとした軽い着心地です。

 

11色展開なので

お気に入りの色の組合わせをぜひ♪

 

ご希望の方は母の日仕様でお届けします!

 

★二枚袴同色セット⇒ https://tokihanatsu.jp/underground/2hakama_linen_w/

 

★二枚袴バラ売り⇒ https://tokihanatsu.jp/underground/2hakama_linen/