『じかんの家』が生まれるまで①

 

こんにちはまなかなの旦那の方

まなおと申します。

 

今日から何回かに分けて

この『じかんの家』が誕生するまでの経緯について

お話をしていきたいと思います。

最初のきっかけは留学

私は個人のブログの方でも書かせて頂いておりますが、

以前は地元信用金庫にて5年ほど勤めさせて頂いた後に、

東日本大震災をきっかけに一念発起して留学し、

そのフィリピンにある英語学校で副校長までさせて頂きました。

 

その時に目の前で夢や未来のビジョンを熱く語る留学生や、

同世代で何かを変えたいと真剣に学び自信をつけていく姿を

何度も目にするうちに感銘を受け、自分でこういった学びの場

人の人生に大きなきっかけとなるような場を提供したい、

 

つまり、”自分で学校をやりたい”

 

そう思うようになったのが全てのきっかけです。

 

ホリスティックな学びへ

 

その後、帰国すると同時に語学という分野に縛られず、

心理学、NLP、ボディーワーク、スピリチュアルなどの

様々な分野で人間の心身の内面について学びを深めていく中で

 

1つの分野にこだわらない自由な学びの場

 

そして、ホリスティックな観点から世界を捉えながら、

一人の人が自分の人生とまっすぐに向かい合える場

 

そういった場・時間・空間を提供したいと思うようになりました。

 

そして、サロン開業へ

 

さまざまな学びの場へ出掛けていきました。

 

それは世界のことを知れば知るほど、

人間の生命のことを知れば知るほど

驚かされることばかり、であると同時に

 

世で伝えられていることに対する

大きな『違和感』も感じるようになりました。

 

有名な先生や売れている本の著者などであっても

人気のあるワークショップやセミナーであっても

そこで雄弁と当たり前のように語られていることが、

 

どうにもおかしい、そんな疑問も感じられました。

 

きちんと正しいと思えることを伝えたい。

 

世界の形を歪めてしまうことなく分かち合いたい。

 

そんな想いも自然と抱くようになりました。

 

そうこうするうちに

様々な出会いの縁ときっかけを頂いて

また両親を多くの方に応援を頂いて、

 

それまでの得た資格や経験、学びをベースとして

施術を提供できる場、学びを共有できる場として、

個人サロンを開業することができたのです。

 

人生のきっかけになるような、

世界の全体の調和となるような、

そして、ありのままの世界の学び

 

身体だけではなく、心だけではなく

魂だけでもなく、すべてを含めて

まっすぐに取り組んでいけるような場

 

そういうものを一緒になって分かち合っていきたい。

時間・空間を共有してお互いに学びを深めていきたい。

 

そういう想いを持って運営させて頂いております。